体を温めて不安を和らげる!手作りブレンド茶

こんにちは。

新年度が始まったと思ったら、あっという間の4月後半です。

4月は一年の中でも一番変化の多い月ではないでしょうか。

お仕事が変わったり、関わる人と別れや出会いがあったり、また家族の状況の変化など、環境が変わってなんとなく落ち着かなかったという方もいらっしゃったかもしれません。

気がついたら、すごく疲れている、ということはありませんでしたか。

たとえば、

・ちょっとしたことでイライラしたり、クヨクヨしたりする

・仕事のパフォーマンスが低下する

・思考の視野が狭くなる

・なんとなくやる気が出ない

・疲れが取れない、いつもの元気が出ない

などの症状が出てきている方もいるかもしれません。

体を温めて心の緊張をほぐしましょう

このような時、様々な対処法が紹介されていますが、今日、私がお伝えするのは、「体を温めよう」です。
緊張している時、ストレスを重く感じている時は、頭でなくて、まずは体から心の緊張をほぐしていきましょう。

では、体の温め方ですが、今日は薬膳ブレンド茶をご紹介します。

薬膳というと何か難しいイメージを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、スーパーで手に入る食品で作れるブレンド茶を「薬膳マイスターのhanaママさん」に伺いましたので、ご紹介したいと思います。

不安緩和のブレンド茶の材料とつくりかた

・紅茶 ティーパック1袋

・クコの実(大さじ1)、

・リンゴ、オレンジ、イチゴ 適量

・グラニュー糖(小さじ1)を

紅茶と一緒にお湯を注ぐだけ!

材料はスーパーで手に入るので嬉しいですね。

ブレンド茶の効能

次に効能です。いちごは頭痛や神経痛を鎮める作用、りんごは疲労や風邪に対する抵抗力を高める作用、クコの実は疲労、頭痛、目の疲れの回復に用いられ肝臓の働きを良くする作用があります。

大人だけでなく、新学期でちょっと疲れているお子様と一緒に作って召し上がってみるのもお勧めです。

レシピ提供:hanaママさん

ブレンド茶をつくって飲むことで得られる小さな幸せ

ブレンド茶をつくることでいろんなほっこりした気持ちを1日のすきまに感じることが出来ます。

まず、ブレンド茶を材料になる色鮮やかなフルーツを見て気持ちが和みます。

ティーポットにお湯を注げば、いい香りがただよいより癒されてきます。

そして、飲めば体が温ままり心が落ち着いてきます。

ただ飲むだけではなく、つくる過程から少しでも楽しめるポイントを見つけることができたら癒しの時間も増えますよね。

まとめ

いかがでしたか?

簡単な材料でできるので、ぜひブレンド茶で癒しの時間をつくってみてください。

ストレスを感じていると、普段は見えているものが視界に入らなくなってきたりすることがあります。

忙しい時ほど、体を温めることはとても大切です。

1日のうちの15分、むりなときは1週間のうちのどこかで体を温める時間をつくって自分に優しくしてあげましょう。

最後にhanaママさんのご紹介です♪

hanaママさんは、「子供の笑顔がパワーをくれる。何事も全力で楽しむために、毎日の生活にちょっとした彩を」をコンセプトに娘さんと一緒にパン作りやお料理を楽しみながらレシピを公開しています。
興味のある方はリンクを貼っておきますのでチェックしてみてください。

hanaママさんのHPはこちら>>>hanaママ

hanaママさんとの出会いは2年前、大学の学生支援のお仕事でご一緒しました。お料理やお菓子作りも本当に上手な方です。時々hanaママさんからの情報をご紹介できればと考えています。

関連記事

  1. 頭部帯状疱疹になりました 

  2. 帯状疱疹からの気づき …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。